Pマーク取得の費用について

subpage-img

Pマークを申請するための経費だけでなく、審査機関に支払う審査料もあり、現地審査が終了した時点で支払います。


現地審査に必要な審査員の交通費もこれに加算され、企業側が負担します。
一日がかりの審査の場合には昼食を用意しなければならないと思いがちですが、昼食など食事の料金を支払うことは規則違反になっているので注意が必要です。



審査が終了して指摘された部分を修正した時点で支払うのが、付与登録料です。

Pマーク費用が勢いに乗っています。

2名の審査員が現地での調査や文書の審査を行い、不明な点や間違っている部分を確認し、報告を行うための経費です。

朝日新聞デジタル情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

Pマークの費用は段階的に支払うシステムで、費用の中でも割合が大きい審査料は決算時に合わせて支払うのが一般的です。


社内のシステムや設備を整える費用も必要で、リスク対策やシステムの内容によってPマークの費用はまちまちです。大掛かりなセキュリティー対策を行うのか、最小限にするのかで大きく金額は変わります。

最低でも30万円は見積もるようにして、リスク対策を行います。


コンサルタント料もコンサルタント会社によって異なりますが、150万円以内の料金に設定している会社なら文書の作成のサポートのみで、審査や運用のサービスは行っていないです。150万円以上の場合は文書の作成だけでなく審査やPマークの運用、システムの構築など全般的にサポートしてくれます。
コンサルタント側で費用が異なるので、サービス内容や自分たちとの相性で適切な料金なのかを考えるようにします。

top