Pマークの費用と支払う時期

subpage-img

Pマークの費用は審査機関に支払うものや社内の設備を整えるもの、コンサルティングに依頼する費用があります。


審査機関に支払うお金は審査料や申請料、付与登録料があります。



調査員が企業に来て調査を行うときには交通費が必要ですが、それは審査料に加算されます。


審査料金は現地での調査が終わった時点で支払い、申請料は申請書を提出してから企業に調査員が訪れるまでの期間に支払います。
申請料を支払うと審査に進むことが出来るので、請求が来たらすぐに支払うようにします、付与登録料は審査を行って注意を受けた部分や改善点を指導され、改善した時点で支払います。

ジョルダンニュース!について紹介しています。

Pマークの費用は段階的に支払うもので、一つのプロセスが終わったらその都度支払うシステムになっています。

その中でも割合が大きい審査料は少しでも負担を軽減するためにも、決算時に合わせて支払うことがポイントです。

設備投資に関わる費用は個人情報漏えいや事故に対する方針によって違うので、企業のシステムや基準によって金額が変わります。
大掛かりなシステムを取り入れるのか、現在のままで対策を行うのかで金額が違ってきます。

Pマーク取得サービスの評価に関する耳より情報を公開しています。

コンサルタントに支払う費用も必要で、専門的な知識や社内のシステムを手伝ってもらうために支払います。

コンサルタント会社によって金額も変わるので、予算に合った会社を選ぶようにします。


コンサルタント会社に依頼すると申請料や審査料、付与登録料などをまとめて支払うことになり、担当者が代わりにPマーク事務局に支払ってくれます。

top