事業規模で決まるPマークの審査費用

img1-1

Pマークの取得は個人情報を取り扱いのある業務を持つ事業において、対外的な信用を得るための手段として有効と考えられています。そのためPマークの取得のために必要な仕組みを整え、認定機関の審査を受けようとする企業の数は毎年増加傾向にあります。
その様なPマークの認証取得のために必要な審査料金は、認証取得を目指す会社の事業規模において決められる仕組みを持っています。



より具体的には従業員の人数が審査費用に関連しているのです。

審査費用は審査を受ける会社に所属している従業員の人数に関連して決まる仕組みになっているのですが、その具体的な判断基準は業種ごとに公表されていますのであらかじめ知ることが出来ます。Pマークの認定機関は利益を追求する団体ではありませんので、ほかの認証機関と比較しても決して高い水準の審査費用が求められるわけではありません。

しかしながら審査のために必要な審査員の人数によっては相応の金額になりますので数十万円は想定しておくべきです。


また初めて審査を受けようとする場合にはほとんどの場合においてコンサルタントが必要になります。


全くノウハウのない状態から独学でPマークの取得を目指すのは非常に労力がかかりますのでお勧めできないのです。

そのためコンサルタントの費用についても想定しておくことが求められるようになると意識しておくべきかもしれません。

Pマーク取得に有効な知識の紹介です。

しかしコンサルタントの費用はまさにケースバイケースですので一概にいくらとは言えません。

エキサイトニュースの最新情報を公開しています。

身に付けたい知識

img2-1

個人情報取り扱う企業にとって信用はとても重要な要素です。そのような社会的な信用を得るために対外的に示すのがPマーク等の認証制度です。...

more

大事なビジネスの事

img3-1

Pマークを申請するための経費だけでなく、審査機関に支払う審査料もあり、現地審査が終了した時点で支払います。現地審査に必要な審査員の交通費もこれに加算され、企業側が負担します。...

more

いまどきのビジネス

img4-1

Pマークの費用は審査機関に支払うものや社内の設備を整えるもの、コンサルティングに依頼する費用があります。審査機関に支払うお金は審査料や申請料、付与登録料があります。...

more

よく解る情報

img5-1

Pマーク取得にかかる費用は主に3つです。まずはプライバシーマーク審査機関へ申請するための費用が発生します。...

more
top